--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.01(Mon)

PCを使う仕事の効率をアップするための方法で、一番手軽ですぐに実行でき効果が劇的に現れるのが「ショートカットキー」の使用です。

ショートカットキーはWindowsのショートカットキーからアプリケーションごとのものまで、すごい数があり全部覚えるのは効率よくありません。使用頻度が高く、効率がよくなるものから使っていくのがポイントです。ワタクシが使ってみて、使用頻度が高く効果が高いものをメモ。Windows&スタンダードショートカットキー編。

信じられないほど効率がよくなったショートカットキー

Homeキー & Endキー

ショートカットキーではありませんが[Home]と[End]を使ったときには感動的なほど効率アップでした。
[Home]は行の先頭へカーソールを移動
[End]は行末へカーソールを移動
メモ帳やエディタなどで利用可能

Home+Ctrl & End+Ctrl

さらに劇的に効率アップします。
[Home]+Ctrl はファイルの先頭行へカーソール移動。
[End]+Ctrl はファイルの最終行へカーソール移動。
何千行あるファイルでも一気に移動できます

Windows関係のショートカットキー

Ctrl+c

選択範囲をクリップボードにコピー

Ctrl+v

クリップボードから貼り付け

Ctrl+x

選択範囲を切り取ってコピー

Ctrl+a

全部選択。エディタ内で使えば編集中のテキスト全部を選択。フォルダーで使えば フォルダー内のファイルを全部選択。よく使う場面はCrtl+aで全部選択して、Ctrl+cでコピー、Ctrl+vで貼り付け

Ctrl+z

一つ前の操作を元に戻す。使う場面によってどんどん前に戻れる場合と、一つ前にしか戻れない場合あり

Ctrl+y

Ctrl+zで元に戻したけれど、やっぱり止めたいとき

Ctrl+s

編集中のファイルを上書き保存。ほとんどのアプリケーションで使える。もうファイルを保存するときにメニューから選んではいけない

[Windows]+d

開いているウィンドウを全部閉じてデスクトップを表示。もう一回押すと元に戻る

Ctrl+f

検索ウィンドウを表示。アプリケーションによって使えない場合が結構あり

ショートカットキーをどうやって覚えるか


ITmediaで「ショートカットキー習得シート」というPDFファイルが公開されています。 覚えたいショートカットキーとアプリケーションを紙に書き出しておいて、何度も見ているうちに覚えてしまおうと いうものです。ワタクシ、これを使い出してからかなり覚えられるようになりました。

スポンサーサイト

[タグ]
ショートカットキー 効率アップ HowTo

[関連エントリー]
Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。